2018年度 第9期アグリセラピーⓇ講座 受講生募集中です!

自然の摂理に沿った「自然栽培」の農に触れながら、
「自分という自然」を取り戻し「自分らしい生き方」にシフトする
OLCオリジナルプログラムです♪
第9期アグリセラピー募集案内はコチラ

2014年12月24日

ある日のメーリングリストから

ある日のメーリングリストの一文です!

◇◆◇◆◇◆

みなさまへ

すっかり冬ですね。暖かくされていますか?

お陰様で、アグリセラピー5期生が修了式を終えました。今回から「大沢元気出張所」で行うことが出来るようになりました。近所の「ラポート」のシェフの素敵なお料理と、いつもながらの芦屋の「シュターン」のケーキ!

ご参加下さったみんなの素敵な「愛」ある修了式でした♪(/゜゜)/ ̄♪

・・・冬の空気は静かで動きが弱くなっています。全てが眠り始めます。それは、私達の中にも組み込まれている動きです。疲れを癒し、自然を感じながら自分を感じながら過ごす。。。

冬は無理せずにゆったり過ごしましょうね。

ほっとする時間を過ごしつつ・・・

12月というこの月は、一年の終わりというイメージが強いのですが、すでに来年の流れが始まっているのです♫

来年何をしたいかなぁ〜と想いを巡らすことで来年の良い流れを創っていくようになりますよ♫

来年の楽しくて幸せなイメージをたくさんしていて下さいね。私も、もう次の動きでワクワク三昧です!楽しみ〜ッ^^V

「バタフライ現象」という言葉、ご存じでしょうか?チョウチョの羽ばたきがやがて宇宙のうねりとなる・・・ということです。

ご自分の羽ばたきが楽しければ!

ご自分の羽ばたきが卑しいものであれば・・・・

(551蓬莱の豚まんが、あるとき!ないとき!と、同じですね)

ご自分を本質で生きることが出来ている方はドンドンいっちゃってください!OLCのいう、「自分らしい生き方」を謳歌して下さい♫

本質と表現にぶれている分だけ、「学ぶこと」があります。ご自分を尊び、謙虚に学んで下さいね。何も怖れずに・・・・。決して逃げずに・・・・。

今年、大きな意志決定や転機を迎えた人は、来年、そのご褒美がやって来ますよ♫   でも、そのご褒美を得るには、その大きなうねりから得られるあなた自身が向きあうべき事に丁寧に向きあう事で手に入れることができるようになっています。

「ご褒美」とはあなた自身がどれだけ自分を愛せたかや大切にできたかという心のなかの自己愛が投影されたものに過ぎないからです。

それは、仕事においても人間関係においても全ての現実はそのようにできているのです。OLCに関わっている方は、分かりますよね!!
                                               逆も真なり!あなたがこの時期の意志決定や転機にあたり、感謝や愛情、誠意の不足や自分の本質からの選択ができなかったりした場合、ご褒美は自分を知る為の来年がやってくるという事なのです。それも「最善観」ですね。

ですから来年、なるべく大きな恩恵を手にしたいと思うのなら、今年最後の月に、あなたをとりまく全ての物や出来事に感謝を見つけ、自分を大切にする努力をし続けましょう。

あなたが新しいものを手にするためにいてくれた過去の人やもの。それらに対する愛と感謝をあなたの中から見つけていきましょう。

それをする事で、あなたはそれらから得るべきものをようやく受け取った事になります。

感謝と信頼は一つのものです。

深く感謝できれば、それは信頼する事ができます。それが本当に学びであり、それらから得たものが深く上質であればあるほど来年の恩恵は大きいです。

新しい年は、様々な努力が形になっていく時期です。自分が何をすべきなのか知っている人は、どんどんと形になり、大きく成長していけるようです。

まだまだ、生活に流され、生きる事だけで終わってしまっている人は少しだけでも自分の好きなことを自分にさせてあげる時間を作り出しましょう。

親や社会の価値観からで無く、心から湧く『好き』という感覚です♫

色んなシーンで、世の中が変わってきたと感じています。時代はやっぱり新しい時代に入ってきています!確実に。

生きるのが辛くなってきたなとかなんだか低迷してきたなと感じる場合、自分はもしかしたら「自分らしい生き方」を選択できていないのかなと、チェックしてみて下さい。

アグリセラピーや「あつ!そうか」での学びを想い出して下さい。そして、新しい年を迎える前に、過去をたっぷり感謝してみて下さいね。

その為なら、いつでも私、福本裕子は応援しています♫

素敵なXmasと、輝かしい新年をお迎え下さい。

オーガニックライフコラボレーションのホームページはこちら。

posted by OLCブログ世話びと at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | OLCスタッフ

2013年07月11日

豆乳作り!

梅雨が明けて一気に夏らしくなりましたね!
皆さん元気にお過ごしでしょうか?

暑い夏には冷たい飲み物が欲しい!
栄養満点だともっと嬉しい!
ということで昨日7月10日にOLCスタッフは
事務所にて豆乳作りをしました

使用したのは一昨年に畑で採れた大豆たち
ミキサーでジュースにした物をお鍋に入れます
画像 002.jpg

焦げないようにちょっと弱めの火でしばらく煮ます
画像 001.jpg

煮たのを絞りますが熱いので笊でギューっと押して絞ってみます
画像 003.jpg

みんなで今年の初絞りを試飲会!
画像 004.jpg
画像 006.jpg
画像 007.jpg
甘くて濃厚な一杯でした

あとは煮た大豆を思いっきり絞って絞って…
画像 009.jpg
腕が筋肉痛になるまでがんばりました(笑)

この日は沢山の“おから”と1.5リットル位の豆乳ができました!
美味しく頂いてこの暑さも元気に乗り切って行きましょう手(グー)

オーガニックライフコラボレーションのホームページはこちら。

posted by OLCブログ世話びと at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | OLCスタッフ

2013年07月01日

OLCと【自然栽培】の関係は!?

ふくもとひろこです。
OLCのお話しや、事業のプレゼンをするときには必ず出てくる単語の一つが
【自然栽培】です。

多くの方々が殊の外、関心を示して下さいますし、もっと聴きたい!知りたい!とリクエストを頂けるようになりました。
そこで、少しずつ「ブログ」と「インターネットラジオ【OLCのWA】」で表現致しますので、ご覧の上お聴きくださいませ。

どうぞよろしくお願い致します。

そうそう!
OLCは【自然栽培全国普及会】http://www.jnhfa.com/ にも参画しています。
もっともっと詳しくお知りになりたい方は、ご紹介致しますからね。

では第一回目。

自然栽培の3原則とは!


*自然尊重
*自然順応
*自然規範
です。

まさに、OLCの定款やアグリセラピーⓇ講座の「自分という自然を取り戻し、自然と調和した暮らし」をしましょう!という生き方の提案そのものなんです。
特別講座でもお馴染み、ラジオでも収録させていただいていますが、「河名秀カ氏」の自然栽培の講座を受講させていただいたことから、「アグリセラピーⓇ」の最後のピースが収まり、スタート出来たのです!

さて、この続きは「WA 」をお聴きくださいね。

オーガニックライフコラボレーションのホームページはこちら。

posted by OLCブログ世話びと at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | OLCスタッフ

2011年07月08日

Starting over 〜想いがふたたび

彼はラルフ。「放浪大工」
ralpf.jpg

ドイツには大工のマイスターになるために、厳しい放浪修業を課す「Waltz」というユニークな制度があるんです。故郷を離れ3年と1日、伝統のコールテン素材の黒色のジャケット、パンツにベスト、そして白いシャツと黒い帽子を身にまとい、ひとりで世界各地の工房を点々とヒッチハイク。自ら身ひとつでこの放浪を通して技術を磨き、マイスターに必要な精神を鍛錬していくのですね。
 
そう、ちょうど私がニュージーランドで滞在していたスクールに、ラルフが住みこみで大工作業をしていたんです。彼のその生き方、人柄は、すぐに私を魅了してしまいました。私はラルフが大好きで、いつも彼の工房に行っては、そばで作業をずぅーっと見ていたんですね(笑)
 
ただただ修行の放浪の日々の三年と1日。それでも、いつも笑って楽しそうに仕事をしていたラルフ。お金なくその日暮らしの放浪修行も自分を成長させる最高の勉強の場だと笑顔で言っていた。そう、いま思えば彼の優しさはそんなたくましさからきているのだろうな。

そんな彼が、私の卒業の時に手作りでアイスホッケーのスティックを作ってくれた。(怖そうな写真になっちゃったけど、とてもやさしい)それを見るたびに、彼を、彼の生き方を、彼の優しさを思い出す。

いま、彼との出会いがとても大切な宝となって生きている。
 

不思議なものだ...

あれから10年経つのに、今でも鮮明に彼のことを覚えている。

さらに輝きを増しているかのように、覚えている。

「今度は、ヒロ(私)の番だよ」

何かそう言っているような気がする。
 
また会いたいよ!ラルフ。
 

ソガベ
センチ入っちゃって..七夕だから?!ということでスミマセン(苦笑)

オーガニックライフコラボレーションのホームページはこちら。

posted by OLCブログ世話びと at 01:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | OLCスタッフ

2011年06月14日

「おなじ阿呆なら..」あなたはどっち?

自分はつくづく仲間に恵まれた男だと思う。

彼の本職はログビルダー。
tachei2.jpg
チェーンソウひとつで家をつくってしまう。しかもひとりで!
 
こんな仲間たちと一緒に活動を展開できる喜び、充実感。
 
『オーガニック ライフ事業』
限界集落、里地里山。いま失われかけている、かつて自然と調和した暮らしの場所。その生きる力・暮らしのエッセンス溢れる地をふたたび、自然と調和した持続可能な暮らしができる人が集う居場所として再生する。このミッションを掲げ、集落でのコミュニティ再生や里地里山での森林保全活動など行っているのである。
 
つい長々と熱く語っちゃたけれど(苦笑)
そんな『暮らし』をテーマにした活動をしていて、
 
「その問題山積みの人工林の間伐材を使って、セルフビルドで家つくりたいねん!」っと、こんな阿呆みたいなエキサイティングなことに、彼も「いいよって!」一緒にやってくれるなんて。私からみてもやっぱ阿呆やなぁ〜って思う(笑)
 

私は『百姓』とうい言葉がすきだ。様々な解釈があるけど『生きて暮らしていくために、百(たくさん)もの姓(仕事)を行う者』このとらえ方がいい感じに響く。
 
私は幾つの『姓』を持っていいるのだろうか。

そしてあなたは?
 
集落にはまだまだ多くの『百姓』がいてはる。云わば生きた伝説。ナカナカ一筋縄ではいかないが(笑)色々と教えてくれる。農のこと、家づくりのこと、コミュニティのこと、森のこと、動物のこと...このご時勢、とても貴重な経験。
 
聴くだけで、なんだか生きる力が湧いてくる。なんだかやってみようという気になってくる!そして私も阿呆なエッセンスをもらっていたのかも!?『間伐材で家づくり』なんて(笑)
 
こんな阿呆たちに囲まれての活動。
だから、やっぱりやめられない!愉しい「姓」なのだ!

あなたは、観ている?それとも一緒に..
 
踊りませんか(笑)

 
ソガベ

オーガニックライフコラボレーションのホームページはこちら。

posted by OLCブログ世話びと at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | OLCスタッフ

2011年04月07日

ユウトくん♪

昨日、銀行までの道のりを桜を愛でる幸せな時間も併せて、ルンルンお散歩しました。

雪柳、木蓮、こぶし、庭先からは色とりどりのパンジーやチューリップ。

あれれ?
どこかで忙しない声。
久しぶりの近くの某女子大の非常勤講師の彼。
携帯で話す厳しい声、表情。手を振るだけの短い会話…。


鳥のさえずりも花の輝きも、まさにビバルディの四季の春♪

そんな時、ゆっくり前を歩いていた母子。坊やはキョロキョロしながら何かお話していました。

こんにちは!
こんにちは!
こんにちは!
行き交う人一人一人にごあいさつ。

いつしか追い付きそうになったその時!

『こんにちは!』

私も嬉しくって『こんにちは!』言い終わるのを待たずに、彼は小さな分厚い手をギュッと握ってきて、ママと私と三人、手を繋いで歩き始めることになりました♪

楽しい!
幸せ!

彼はダウン症です。
だからお母さんは私に気を使って恐縮されていましたが、私はユウトくんから喜びと幸せをもらいました。
ちょっと、私の為に遠回りしてくれて、ハグしてお別れしました。

お別れが、ちょっと寂しくなるほどでした。

ユウトくん♪
ありがとう。
本当にありがとうございます♪

幸せの神様とであった春のお昼休みでした゜+。(*′∇`)。+゜


これこそ、花が咲くように、鳥がさえずるように、人が普通に出来る幸せの表現♪

オーガニックライフコラボレーションのホームページはこちら。

posted by OLCブログ世話びと at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | OLCスタッフ

2011年04月04日

いまできること 〜あれからとこれから〜

地震から三週間が過ぎました。
みなさんどうでしょうか?
  
あれから、(千葉)では普段の日常の風景が戻ってきています。
計画停電にも対応できるようなりましたし、物資不足も解消されつつあります。
 
また、先日の被災地(旭市)での報告を建築の関係組織の方に、情報系統の不備など体制の課題点も含め投げかけたところ、ボトムレベルから各地域の情報をネットで共有しあいながら県内の被災の把握・整理の輪が広まってきました。
 
県では被害の大きい地域(旭や埋立湾岸地域)の情報の収集・確認をまとめ、組織の各支部で自治体等のプラットフォームと建物に関する診断・相談・補強等の支援活動が既に始められています。
 
また、現地東北の被災地域でのプラットフォームも整い始めて、建築士会や建築家協会でも現地支援に動き始めてきています。建築専門家チームの受け入れが整いつつあるようで、私も一員として被災地の方に準備しているところです。

 
これから、一般支援や現地情報などにおいて、
加藤さんとこ(宮城仙台にはこの男!)では、しっかりとした受皿が出来たようです。現地でちゃんと活動している組織とリンクすることは、みなさんが行っている支援や活動の手助けとなると思います。
みやぎ連携復興センター(http://fuda.jp/saigai/archives/292
ご参考までにチェックしてみてくださいね。

 
そして、わたしたちにできること!
『ミーティング・ファシリテーションを学ぶ8時間 講座』
〜震災復興祈念編〜
http://www.aokiworks.net/koza.mtg110424.htm

関西にて青木将幸さんをお呼びして7月開催を目処に講座を準備しています。震災復興祈念ということで、ファシリテーションスキルの習得だけでなく、ワークショップを通じて『私たちにできること』を考えていく内容となります。OLCメンバーも参加しますよ!
(興味ある方、お問合せはinfo@olc-net.com 曽我部まで)


まさにわたしたちにできること。やっていきましょう!
 

ソガベ

オーガニックライフコラボレーションのホームページはこちら。

posted by OLCブログ世話びと at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | OLCスタッフ

2011年03月30日

朝のフライトは『おやつの時間』!?

空の彼方、向こうにはいったい何があるのだろう..
sky2.jpg
空を見上げては、よくそんなことを考えていた記憶が蘇ります〜〜〜


今日も羽田行きの始発のフライトで神戸空港へ。
 
 いろいろが重なり千葉−神戸の往復の日々。
 いつしか忙しさに身を任せ...
  
「席は出来る限り前方側で」の私のリクエストに、
ティケットカウンターのアテンダントが11A(窓側席)を取って渡してくれた。
 
『子どもじゃないから、べつに”窓側”でなくても』...
 
飛行機は乗る方はあまり得意ではないが、神戸−千葉間の移動は飛行機が多い。一時間のフライトは断然楽なのだ。(それに新幹線よりもお安いですし・笑)
 
定刻に出航、神戸も羽田も快晴。『遅れなく千葉に戻れそうだな!』
 
また気付いてみれば、『ん?!朝一フライトでの窓側は初めてなのかも』

ふだんは景色など気にすることも忘れていたほど、機内では眠っていたり頭の中は到着後の活動のことばかり..
 
離陸後、上空からの
 
日本の緑ふかい雄壮な山々、ひきこまれるような青と白の優美な海岸線..
 
そして、上空9000mでの

一面の白雲の陸地にその谷間から望む青い海に見惚れて、
 
自然が織成すデザインの雄大な美しさに、すべてを忘れて魅入っていました。
 
..いつしか、あくせくしている自分に気づかされ、
 
また様々な想いも込みあげてきて..
 
〜〜〜空の彼方、向こうにはいったい何があるのだろう..
sky.jpg
よくそんなことを考えては、空をみていた記憶が蘇ります。


そんな昔に『夢を与える空の仕事』パイロットを目指し、ニュージーランドへと海を渡った当時をふっと思い返したり。

『そういえば、今日のフライトは揺れが想定されていた筈だけども』
 
普段と変わらぬフライトなのだろうが、乱気流を避けた航路、機上からの素敵な景色にも気配るパイロットの何気ないプロの仕事、その温い想いにふれた気がして..

お陰で雄大で美しい自然の表情をこんなに身近に鑑賞できて、そして自分らしい感性がもどってほっとひと息もできてる。

感動し思わず涙がポロリ。 (ティケットカウンターのアテンダントにも感謝!)

どんな仕事であれどこであれ、そのような気遣い、想いは伝わり、感動を生むのだろう。
 
慌ただしい日常にぽっかり空を感じる時間。
それは自分次第で、単なる移動時間とも、またそうでない時間ともなります。

たまにはそんな感覚を受け取る自分らしい感性をとりもどしたいところ。そんな時間や機会、場所が必要ではないかと、自ら体感しあらためて気付かされます。
 
そうですね、NPO、ボラ、どんな仕事であっても、またどの地域、コミュニティ、どんな仕事場であっても、人と接するこの地球に暮らしている限り、このような想いやあっそうか!の気づきにふれる機会が日常に転がっているのでしょうね。
 
 
08:25
 
羽田に到着、雪化粧した富士山が迎えてくれました。
 
乗継バスの時間に自然と足取りが早まる..
 
気づくと慌ただしい日常に身を戻す自分に苦笑。
 
さぁ、今日も頑張っていこ!!


ソガベ
special thanks to the pilot,crews and all.

オーガニックライフコラボレーションのホームページはこちら。

posted by OLCブログ世話びと at 03:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | OLCスタッフ

2011年03月24日

おとなさまランチ♪

olcblog-2011-03-24T13_56_27-1.jpg

昨日は娘に心斎橋でランチをご馳走してもらいました。

NOSCOという落ち着きのある雰囲気のお店。何よりピアノの生演奏しているのです。

坂東静ちゃんという、娘の大学のお友達が演奏しておられます。

すっかり大人を感じさせる静ちゃんと娘の穏やかな表情に、ホッとしました。

リクエストしたら静ちゃんが演奏してくださるんです♪

Norah Jones の Dont Know why とか。うふふ゜+。(*′∇`)。+゜


あまりに幸せな落ち着いた時間を過ごせたことにちょっと、うるっ。
今こんな時だからこそ、幸せが本当に幸せに感じる…

ウチに戻って、静かな気持ちで祈りました。
関東東北地方の皆様も、日本各地でさまざまな苦境にある皆様も、一日も早く穏やかな日常の輝きを取り戻せますように…


ところで、おとなさまランチ! これは、お子様ランチの大人バージョンなねです。
あ〜美味しかった(*´∀`*)
子どもの頃の夢は、今でも夢! 親にねだっていたものを、娘にご馳走になるなんて\(^O^)/

ヒロコ

オーガニックライフコラボレーションのホームページはこちら。

posted by OLCブログ世話びと at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | OLCスタッフ

2011年03月22日

いまできること@ちば

先日、千葉の被災地に行ってきました。
asahi.jpg
千葉県では津波被害が旭市に集中しているんですが、その旭市でも最も被害の大きかった海岸エリアを中心に調査をしてきたんです。
 
背景には、今回の千葉県における被害情報などを先輩に伺っても、県(応急危険度判定士)もそうですが、県建築士会からしっかりとした情報がなかなか一般に入ってこなく、それによって多くの地域の支部や関係者が状況をきちんと把握できていないという現状があったんですね。
 
『上部が何も言ってこないので、待機して..』『中越のときはボランティアで溢れていたので..』
 
いろいろと聞くなかでも埒が明かない状態でしたが(苦笑)それでも組織では現地でプラットフォームをデザイン出来る人・現場監督できる人・統括できる人など、人材は揃っているのですから、しっかりとした情報の伝達(また想いの伝達)が望まれると思ったんです。

そうなりゃ話は早くて!ということで自分で現地調査・情報収集に行ってきたんです。
 

現地を回って、ただひたすらミッションの『現地の情報収集』これに徹しました。

とても言葉ではできない惨状で、被災者にまったく声をかけられませんでした。

ただの一言も。

ただただひたすらにカメラを回すだけの時間。
恐らくカメラ(ミッション)なくてはその場に居られなかったと思います。

震災を経験していない自分にとって、現地はどのようなものかと、何かできるものかと、現地に向かう最中は”頑張ろう”と意気揚揚でしたが...


 
確かに現地を離れる方はいらっしゃるとは思いますが、生きていくこと、人を助けることに一生懸命でいらっしゃる方々が大半です。現地に行けばそれは分かると思います。

昨今、あちらこちらで様々な情報が活動が氾濫しています。ただ些か、被災者や東北の方々が拝見していたらどう思うだろうか?と思う発言や活動も多々気になります。

こんなときこそ、比べず焦らず自分でできることをなのでしょうか。
 
今回、千葉の現地でも、プラットフォーム環境整備、復旧資材も生活物資もまだ足りない現状であると思いますが、たとえ現地に赴けなくとも、ボランティアでも、何であっても、しっかり責任負える言動で活動する人はプロだと思うし、そういう意味で、今はひとりひとりが『しっかり責任もって完結できる』そんな発言や行動がまさに求められているのではないでしょうか。
 

腹をくくれば、自分でできることは、どこであってもできることだと思います。

今回、現地でそう感じましたし、行ってよかったと思っています。

私も今回の資料をもって、いま自分できることをしていきます!
 

想いを共に。
 
ソガベ

オーガニックライフコラボレーションのホームページはこちら。

posted by OLCブログ世話びと at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | OLCスタッフ